前編はこちらから→ぶっちゃけ『Free!』をBL好きはどう見てるの? 最終回直前だし男女混合で『Free!』座談会してみたよ(前半) | POYO NET – ねとぽよ

 

 

製作者たちのこだわりが嬉しい

服装に感じるこだわり

――監督は女性なんだよね。

もぐもぐ 『Free!』の内海紘子監督って、『けいおん!』の山田尚子監督の下にいらした方なんでしたっけ。あの夢の中のシーンがある7話のコンテが山田尚子さんで、ネットでは「神がきた!」って騒ぎになった。

 

大地 監督は、「見てほしいところは上半身と水」って言ってるよね。

 

もぐもぐ そうそう、製作側のインタビューがたくさん読めるのも楽しいです。色んなインタビューでもう監督も脚本家も演出家も声優もいろいろしゃべってる。演出さんが「机の上にずっとペットボトルの水を置いて、それを見ながら描いてる」って話とか。

あと、公式ガイドブックの中に小物の設定資料がばーんと描かれてるの見るのも楽しかった。渚君が使ってる岩鳶高校の鞄が超可愛いと思ってたら、設定資料集にいろんな角度から描いてあって。

 

おびわん 服も可愛いしなぁ。祭りで真琴がカーディガンたすきがけしてたの(笑)。あ、こういう流行とか入れてくるんだぁって思った。いかにも女の人が作ってそうな感じがした。

 

――服装、やっぱ皆さん、こだわりを感じるんですか。

 

おびわん はるちゃんだけは、ぎりぎり「お母さんが買ってきた」と言っても納得できちゃうラインのものを着てるんだよね。でも、他の子達は自分のキャラクターをわかって着こなしてる感があって、あざとい!

 

さらりん 服装は、個性がよく出ていて魅力的だと思います。めっちゃこだわってますよね。はるちゃんがパーカー、凛ちゃんが黒くてジャラジャラしたのつけてる感じ。渚は、色とかポップでカワイイ。まこちゃんはカーディガンで、お兄さんっぽい。

 

おびわん まこちゃんは、ダサいながらにも、メンズノンノとか見てそう(笑)

 

参考:Amazon.co.jp: MEN’S NON・NO (メンズ ノンノ) 2013年 08月号 [雑誌]: 本

 

もぐもぐ でもダサさを捨てきれないところがいい。あと、怜ちゃんのバックパックが、すごく好きなんですよ。

 

さらりん あれ、確か本当に売ってるんですよね。あと、まこちゃんの時計とか、いくつか本当にモデルがある。

 

大地 怜ちゃん、将来SFCでチャリ漕いでそうだよね(笑)。友人に似たのがいて、そいつもとてもいいやつだった。

 

 

江ちゃんが「アリ」な理由

――なんかファッションチェックが始まってるけど、江ちゃんはどうなの?

 

さらりん あれ、江ちゃんってどういう服着てましたっけ。

 

もぐもぐ どういう私服だったっけ。

 

大地 みんな覚えてない(笑)。

 

さらりん あ、レギンスとか履いてた。「普通かな」っていう感じ。

 

もぐもぐ 良い意味で、悪目立ちしないように作られてるような。江ちゃんは可愛いのに自覚のない可愛さがよい。胸も大きく描かれてないよね、なんだろう、「萌えキャラ」っぽくない。

 

―― よく女性客狙いなら女を出すなって言われるけど、江ちゃんはアリなの?

 

もぐもぐ うたプリも最初びっくりした、乙女ゲーって女の子は顔出ないイメージだったのに「こんなに女の子出ていいんだ」って思った。でも、全然みんな普通に見てましたよね。二次創作でも登場することあるし。

江ちゃんの場合は、目障りっていう感じがないですね……それはきっと女要員じゃなくて、ちゃんと仲間になってるからだと思う。女性性が強調されてない。女の子キャラドドーン!っていうより、水泳部のマネージャーキャラとして、ちゃんと描かれてる。

 

大地 江ちゃんにはマネージャーをする理由が強固にあるしね。兄貴を生き返らせたいっていう気持ちがすごいよくわかる。無根拠に登場しないじゃん。テニプリの女マネージャーって無根拠に登場するけど(笑)。

 

もぐもぐ 夢小説は夢小説で好きですよ(笑)!

 

おびわん 役割がちゃんとあるから無駄に見えない。あと妙に達観してる。

 

――なるほどなー……。昔、京アニに近い人が「総務スタッフの女性が脚本を書いてたりする」とか言ってたのを聞いて、へーと思ったのを思い出した。出てくるスタッフも妙に女性が多いし、なんか不思議な会社だよね。

 

もぐもぐ 女性の感覚を取り入れてるからなのかわからないですけど、あんまりアニメに馴染みがない自分でも見やすいなって思います。

 

エロい作画が得意な男性スタッフも

大地 ちなみに、今回の作画の責任者は、西屋太志さんっていう男の人。彼はエロい作画が得意だとか。

 

もぐもぐ 内海監督が「西屋さんは男の子をかっこよく描いてくれるから、すごく助かる」って話してるのはよく見る気がします。

 

――それって、元々は女性の体をなまめかしく描ける人ってことですよね。そのテクニックを男性に適用した、と。

 

もぐもぐ あまちゃんと江ちゃんは気合い入れて描いてるって話もしてた(笑)。

 

大地 TLで、男が「京アニのキャラクターにしては珍しく、江ちゃんは欲情できる」と言ってるのを見たんだけど、確かに普段の京アニと違って、『Free!』のキャラって頭身高めで、われわれの身体に近いものとして描かれてる。その世界観の中で本気出したら京アニキャラクターもエロくなるんだよね。

 

さらりん あまちゃんせんせいのグラビア写真も、めっちゃエッチでしたよね。

 

京アニの狙いは? その反応は?

京アニのオリジナル路線

――今回の原作は京アニのレーベルから出た小説が原作ですよね。

 

大地 アニヲタの人には有名な話だと思うのだけど、最近京アニはオリジナルを強化してる。「けいおん!」は普通に原作が買えるけど、『Free!』の原作の「ハイ☆スピード!」って妙に手に入りづらいじゃん。あれ、京都アニメーションが作ったライトノベルレーベルのKAエスマ文庫から出てる。『中二病でも恋がしたい!』もそうなんだけど、京アニの小説コンテストの受賞作なんだよね。

 

始まったのは2009年で、第一回で「中二病」とかの5作品が受賞してて、第二回も『Free!』と一緒にいくつかが奨励賞をとってる。自社オリジナルの版権での勝負をかけてるんじゃないかなあ。京アニの場合は、グッズの直販もあるし。まさに製作委員会方式の元祖の角川と組むことでメジャーになった会社だけど、ここ数年は一気通貫でコンテンツを手がける戦略なのかな……とも思える。 『Free!』は、そういう意味では最近の「オリジナル戦略」と、『けいおん!』に象徴される路線の延長線にあるんじゃないかなあ。

 

――2009年頃に転機があったということね。

 

大地 この間知ったんだけど、2009年頃に京アニってオリジナルアニメでコケてるんだよね。『空を見上げる少女の瞳に映る世界』っていう、Keyみたいなセカイ系厨二病アニメ。「けいおん!」の直前なのに、自分も全然記憶になかった。元々、2003年に「MUNTO」というOVAが作られていて、そのTVアニメ展開だったと思う。結構前から、オリジナルの機会はずっと伺っていたんですね。

 

2,3話見るとわかるが、大変に謎いアニメで、ニコ動では「上級者向けアニメ」のタグがついている。

 

一方で、10代の子に話を聞くと、男女問わず「けいおん!」の思い出は大きい。前に山内マリコさんのインタビューで、ろっくが「けいおん!のお陰で、クラスでアニメの話をしやすくなった」と言ってたじゃん。

 

――同時に女性ファンの需要がハッキリしてきた。そういう流れもあるだろう、と。

 

大地 ただ、この作品って、京アニが評価してほしいところは、どのくらい評価されてるんだろう。京アニは、正直なところ腐女子が二次創作で埋めたい部分を埋めちゃってるのでは? と思うんですよね。

 

もぐもぐ でも、意外と筋肉は見られていないっていうのはそうかも。

 

筋肉は響いてるのか

――実際、あの筋肉ってみんなどう思ってる? 制作陣は狙ったポイントなんだろうと思うんですが、そこって響いてるのかな?

 

さらりん 見てないです。

 

もぐもぐ そこは本質的じゃないと思う。

 

おびわん やだやだやだ! 正直に言うと、干物っぽくって、うわーってなってしまう。謎の線がいっぱい入ってるし。ああいう描写は、そんなに要らない。

 

さらりん あと水着浅すぎません? 怜ちゃんのブーメラン水着とか嫌だったんですよね。

 

おびわん 真琴が全身水着を着てるシーンは、辛かった。

 

――その辺はさすがに、女性向けのサービスなんだろうと思うんだけど、キミら厳しいな(笑)

 

さらりん 全然響いてない。それより、凛ちゃんの私服が好き。あの黒いジャージとかすごい好き。髪の毛結んで黒いジャージ着て走ってる凛の姿は、すごく綺麗だった。

 

ホモホモしい作画について

 

大地 なんか、一話で釣られただけの気がするんだよね。「この筋肉やばいだろ!これで水着エプロンはやばすぎだろ!」って話題になったじゃん。あれのお陰でこの作品に出会えたんだけど。

 

もぐもぐ 最初のフックとしてはすごいよかったー。ざわざわしたもん。

 

大地 その後もあれにコストを払い続けるのは凄いけど、監督がやりたいんだろうなあ(笑)。俺、個人的にはあの監督は、単に美しい肉体が好きなだけな気すらするんだよね。あの肉体から性的なにおいを感じないもん。男性でも、あまりに美しく描かれた女性の身体ってエロくなかったりするんだよね。

 

もぐもぐ でも私、監督が「そういうの好き」って言ってるのを見るのが好き。そういう製作陣のこだわりが見えるところがいいですよね。表現としては自分にとってドストライク!ってわけじゃなくても、「ああ、この人たちが好きでやってるんだな~」って思えるところは、本当に好きです。

 

おびわん 「腐女子のためにわざとやってます」というのじゃなくて、監督が好きでやってるのくれてるのを感じるのが、良いんだよね。ちなみに作画は一応、腐女子の中で同人界隈で流行ってる絵柄を採用してる。目の描き方とか最近の流行ですよね。

 

さらりん 一番すごかったのはエンドカードではるちゃんが着てた服を、海でまこちゃんが着てたこと!

 

もぐもぐ あれやばかったね。

 

大地 あれでしょ、真琴の家に遊びに行って弟たちとゲームしてるときに遙が着てる私服でしょ。ちょっと遙には大きくてだぼっとするんだよね。でも、君らがあざといと言ってるところって、男性陣からしたら普通のことなんだよね。服の貸し借りとか普通だよ。ほたてが今着てるの俺のTシャツだからね。

 

さらりん ええっ(ガタッ)!!!

 

――さっきここに来ようと思ったら、洗濯物を干し忘れてるのに気づいたんだよね(笑)

 

 大地 ああいうのは、普通にあることってかんじ。狙ってやってんだろうなってところを腐女子は要らないって言ってて、男子の普通の振る舞いがあざといって言われてる印象なんだよなー

 

もぐもぐ だって知らないもんね(笑)。知らないからあざといとおもうんですよ。世の中の三次元の男性も意外にホモソーシャルに生きてるんですね!

 

――言葉の定義上、そうでしょ(笑)

 

おびわん 作られ過ぎちゃってるものって、見慣れてるから萌えないんだよね。で、普段目にしないけど男の人が当たり前にやっていることが結構新鮮。ホテルのシーンで渚の荷物がぐちゃぐちゃで怜ちゃんの荷物がきれいだったじゃん。ああいうのにときめく。

 

もぐもぐ 真琴君が案外スリッパ雑に脱いでたりね。

 

――それも普通の萌えアニメでしっかり力を入れておくべき演出で、京アニはお手の物のような……。そのくせ、ホモォな要素に、ここのキミら冷たいよね。

 

おびわん でも、これをホモとして消費してるファンを連れてきたら、全然違うことを言うかもしれない。ホモとしてしか見てない人もたぶんいっぱいいると思う。

 

大地 でも、このメンバーって、普段の腐趣味は別にマイナーではないからなー

 

もぐもぐ この前友達に「リリカルホモ」って言葉聞いてなるほど~って思いました。少女漫画っぽいっていうか、モノローグっぽいっていうか、絡み!って感じじゃないもののことなんですかね。「Free!見てたらどうしてもリリカルホモ描きたくなったので描きます」とか使われてて、へーそういう言葉があるんだ!って、全然知らなかったので感動しました。

 

――それを、さっきおびわんさんは「ホモ一歩手前」って言ってたんだよね。

 

おびわん ホモ一歩手前は、アイスとか食べながら手をつないで二人で帰りそうな雰囲気。

 

大地  手をつないで歩いてたら、さすがにそれはホモだろうと思うけど(笑)

 

おびわん あわよくば、大学の男友達の高校時代にあったかもしれないことなんです! あったかもしれないけど、まだ聞いてないだけ、みたいな。それがいい!

 

もぐもぐ 私は最初は「夢小説読みたいなー」って思ってたんです。

 

 

――もぐもぐは、本当は夢小説の方だもんね。腐女子はいまやネット上の強者だからいくらでもBLはあるけど、夢小説は本当にマイノリティだもんなあ……。

 

もぐもぐ ねとぽよの夢小説好きだった子とも、「『Free!』は夢小説が読みたいよね……!」と話してたんです。だけど、最近は面白い夢小説って、一体どこで読めるのかわからなくて。リリカルホモ的なものは腐女子目線じゃなくても最初に読みやすかったところはあるかもしれません、「かわいい」から。 でもPixiv見てたら全然BLも読めるようになりました(笑)。

 

【追記9/28】というわけで、もぐもぐのお友達が夢小説を書きました。→苦手な人は回れ右してヤフーへ…? 勢い余って『Free!』の遙で夢小説(微甘)を書いたよ

 

 

最終回について

――そろそろ締めということで、最終回の話をしようと思います。

 

もぐもぐ 見たくない!

 

さらりん 終わらないでー!

 

もぐもぐ でも前回のラストすごいよかった。御子柴先輩最高。予告編だけで、ちょっと泣きそうになったよね。いつもと違って静かめな音楽で、あんまりナレーションもなくて、スライドショーみたいに次回のアップがばんばんでてきて、目のアップとかがすごい多くて。みんなそれぞれがなんか考えて終わる、みたいな見せ方。最終回のタイトル、「遙かなるフリー!」だもんね。

 

――個人的には、どうやって一話で回収するんだと思ってるんだけど(笑)、とりあえず一人一人、最終回に望むことでも話していきましょうか。

 

もぐもぐ とにかく、凛ちゃんに幸せになってほしい。具体的な予想とか野暮だからしたくないけど……本編で高校生凛ちゃんは一回も笑っていないので、笑ってくださいとは思う。それでオーバーレイしてショタ凛ちゃんと被る。で、桜の木が最後かなー。

 

――めっちゃ具体的だった(笑)

 

おびわん 私は、凛ちゃんがはるちゃんに心を開いて歩み寄ってほしいと思う。それをみたはるちゃんは、うるっとしてほしい。あと、みんなとショタのときみたいな集合写真を撮ってほしい!

 

もぐもぐ そうすると、鮫柄のみなさん報われてなくてつらいよー。だって仲間になれてないもん。

 

さらりん 私は、はるちゃんと凛ちゃんが救われてほしいです。でも、あと一話じゃ無理だから、来期かな(笑)。

 

もぐもぐ 来期かなー、DVDの売上、2.4万枚だもんね。「黒バスレベルで売れてる」って聞きました。

(※ 女子熱狂のアニメ「Free!」DVDが売上3位に 「奴らの購買力すげーな」アニオタ男もタジタジ (1/2) : J-CASTニュース

 

大地 進撃は別格だけど、今期の中では本当によくできてるもんね。俺は、凛ちゃんが過去を吹っ切ると思います。ていうか、そうじゃないと男として前に進んだことにならない。みんな、実は自分の泳ぎを選択する理由があるんだよ。

 

遙はフリーで泳ぐ理由が元々ある。渚はもともと足が平泳ぎに向いてるっていう設定。真琴は小説版の方の話だけど、背泳ぎが向いていてトラウマもそれで解決した。怜ちゃんはバタフライしか泳げなかった。でも凛ちゃんは自分の中には特に無い。

だけど、彼にはリレーをする理由だけはあった。小学生のときに父親がやったことをしたいっていう理由が、リレーにはあった。それなのに、「リレーなんてやるべきじゃなかった」と自ら否定してしまって、それが根本的には彼を苦しめてるんだと思うの。

だから俺は、凛は「リレーをやらなければならない」と決意することが解決になるんだと思ってる。小説版の方の凛ってすごくて、そもそも理想のチームを作るためにわざわざ転校してきて、「個人練をやめてリレーの練習だけしろ」ってすごい命令をメンバーに飲み込ませたりするの。チームのキャプテンとして、彼はすごい有能じゃないですか。

僕はそれが彼の天分だったと思っています。小学生の頃のチームの呪縛を振りきって、自分自身のその才能に向き合う。それでちゃんと人を信頼出来るようになる。これが、凛ちゃんが幸せになる唯一のルートだと思うな。

 

――イイハナシダナーって感じだけど、一話で回収できるのか(笑)

 

大地 わかんない。だけど、俺はメンバーシートを見せて奮起を促すっていう、部長のやり方は良いと思う。あのシートまだ出してないか、もしくは全国大会で解決という落とし方になるのでは。

 

おびわん 確かにな。最後一回でまとめるの難しそうだけど、私は父と違う理由を持ってほしいですね。お父さんのことを言い訳にしながら、子供の時はみんなと一緒にいたかっただけだと思うし。それを大人になって、どう口で説明するのかっていうところは見たいかな。

 

もぐもぐ 凛ちゃんに岩鳶にきて欲しい訳じゃないしなー……。

 

大地 まあ、こうなってしまうと、もう遙がその姿で何かの理想を体現することで、凛ちゃんがなにか心動いて、自立するんだろうなぁ。

 

――個人的には、「一話で回収できるのか?」の問は深まる一方ですが……ひとまず、今日はこんな感じで! みんなありがとうございました。

 

 

 

 

 

(了)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加