前回からだいぶ間が空いてしまったが、ウディコンレビュー第二回を掲載したい。

 

サガの魂を感じるRPGから納豆かきまぜゲームまで 怒涛のウディコン全作品紹介第一回:「コンセプトの強いフリゲ5選」

 

 ウディコンに投稿されている作品には、RPG作品が比較的多いと感じる。

 そこで今回は、そのなかから5作品、全てRPGを取り上げてみた

 RPGに興味のあるプレイヤーは、ぜひプレイしてみてほしい。

 

純粋に戦術を楽しみたい人へ-『アストラルブレイバー』

game2_astral

対象プレイヤー:RPGに戦術性を求める人

一行コメント:ストーリーは1時間ほどでクリア、探索でとことんやりこめる。

 

 国を戦争で失った兵士が、冒険者として仲間とともに旅をする。そんな中、ある仲間の真実が明かされて…というストーリー。

 だが、ストーリーよりも、ゲームの隅々まで探索することがメインのRPGだ。冒頭で、ストーリーの有り・無しまで選べてしまう徹底ぶり。とはいえ、かなり駆け足ながらもまとまっているものではあったので、初回プレイにはストーリー有りを薦めたい。

 RPGでありながらレベルの概念が無く、装備の組み合わせや戦術で勝負するという思い切ったデザインには好感を持てた。キャラクターのHPが戦闘ごとに回復するシステムは、RPGに付きものの「プレイヤーが戦闘後に毎回回復を行わなければならない」という一連の動作がカットされるため、煩わしさがなく感じた。

 

要素を極限までシンプルにしたRPG-『ard』

game_2ard

対象プレイヤー:シンプルなシステムで遊びたいプレイヤー

一行コメント:起動後すぐに遊ぶことができる。好きなパーティーを組み、ダンジョンへ潜ろう。

 

「金なし、店なし、会話なし、音なし、自作画像なし、ラスボスなし」を標榜している、シンプルでプレイしやすいRPG。内容としては、ダンジョンに潜り、ひたすら敵と戦う。ゲーム開始直後、長いチュートリアルはなく、すぐに仲間を選び、ダンジョンで敵と戦える。起動後すぐに遊べる設計が良い。仲間選択の自由度の高さもあり、好きなパーティーが組める。

  あえて突っ込む部分を見つけるとすれば、仲間選択の模範例を提示して欲しかった。ゲームを進めていく上で、どういったバランスで望めばいいのか分からないためだ。また、ダンジョンのフロアを進むごとに急激に敵が強くなる場面があったと感じた。難易度変化の演出かもしれないが、レベルデザインのゆるやかさもあったほうがよいかと思った。

 

ニートの勇者が主役のマインスイーパRPG-『Needless』

  game_2needless

対象プレイヤー:独特なダンジョン探索と戦闘を楽しみたいプレイヤー

一行コメント:システムからテキストまで、よく練りこまれている

 

 マインスイーパのように、危険を察知しながらダンジョンを探索するRPG。説明書が丁寧で、攻略の手引きになっているのがまず良かった。ダンジョン探索は、「たいまつ」で周囲の暗闇を照らし、奇襲を防ぎながら進んでいく。

  バトルシステムでは、「防御値」「回避値」が重要なパラメータとなっている。相手の防御値が高いとダメージが与えられないが、攻撃を与えるたびに相手の防御値が減る。そのため連続攻撃で防御値を削り、攻撃を叩き込むのが重要となる。また、回避値の高い相手には、体勢を崩す技で回避値を低下させ、攻撃が当たるようにする。

 探索・バトルもさることながら、キャラクターのセリフにセンスを感じる。毎回ランダムで生成されるマップの名前も、ユニークで面白い。こういった細部のこだわりも好印象だった。

 

剣と魔法を使う3DアクションRPG-『ゴースト ラビリンス』

game_2ghost

 対象プレイヤー:RPGにアクション性を求める人

一行コメント:今回唯一の3DのアクションRPG

 

 今回紹介する5作品のなかでは珍しく、3Dのゲームとなる。剣と魔法を駆使し、敵の徘徊する「ゴーストラビリンス」から脱出するゲームだ。ここまで紹介したターン制のRPGとは違い、リアルタイムにキャラクターを動かし敵を斬る、一人称視点のアクションRPGとなっている。

 敵の種類が若干少なく、攻略がワンパターン気味になってしまう部分はあったが、おおまかなゲームシステムは良く出来ていると感じた。

 

超短編RPGシリーズの一発目-『おまえ勇者だから村からでてけ』

game_omaehadeteke

対象プレイヤー:10分でクリアできるゲームを求める人

一行コメント:戦闘よりも、シュールさを楽しむゲーム。

 

「超短編」と銘打たれているように、10分ほどで終わるRPG。

 これまで紹介したRPGと比べると、戦闘や探索というより、ギャグ性のあるシュールなアドベンチャーを楽しめる作品となっている。バトルシステムは、エディタに基本で備わっているフロントビュー戦闘というオーソドックスなもの。アイテムも、特に購入しなくてもゲームは進めることが出来る。

 シュールな展開を求めるプレイヤー、短い時間でゲームをしたいプレイヤーに向いている作品と言える。

 

 

 というわけで、今回は、RPGというジャンルに絞って5作品を紹介した。

 次回以降は、また趣向の違ったまとめ方で紹介しようと思う。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加