テストも終わり、無事春休みに突入したろっくまんです。

みなさん、今日は年に一度のバレンタインデーです! お店にいけば、ここぞとばかりに可愛くて美味しそうなチョコが並んでいるし、好きな人を思いながらチョコレートを作った人もいますよね。私もFree!のまこちゃんを想いながらチョコを……(ゲフンゲフン)

チョコレートといえば、現在放送されているドラマ「失恋ショコラティエ」の恋の行方が気になっています。石原さとみが演じるリアルなサエコの姿に身を震わせて、薫子さんの不器用さに思い悩みながら、毎週テレビにかじりついているのは、私だけじゃないですよね!

 

スクリーンショット 2014-02-14 21.54.59

「失恋ショコラティエ」公式HPより)

 

月9はテレビの前を陣取っているみなさん、「失恋ショコラティエ」の撮影場所が意外と身近にあることを知っていましたか?

今回は、友人と一緒に、ドラマで実際に使われた二つの撮影地を、聖地巡礼してきました。一つは、サエコが爽太に「結婚式のケーキ作って♡」と図々しく頼んだシーンのカフェ。もう一つは、ショコ・ラ・ヴィの実際の店舗です――もしかしたら、「失恋ショコラティエ」の世界は、あなたのすぐとなりにあるかもしれません。ロケ地の写真と一緒に、彼らの恋愛模様を思い出してみてください!

 

サエコみたいな人って、実は近くにいるかもしれない

目的地の一つ目は、「カフェ ラ・ボエム 新宿御苑」です。

 

 ここは、ドラマ「失恋ショコラティエ」の第一話で放送された、サエコが結婚式のウェディングケーキを爽太に依頼するシーンで使われたカフェです。天然なんだか計算なんだか分からない、サエコのあざとさに悶絶しました。サエコ、どう考えても、図々しすぎるでしょ……。

問題のカフェに向かうべく、JR新宿駅の南口で待ち合わせました。久しぶりに都内に出かけたので、人が多く感じました。駅から、新宿御苑の方に歩いていきます。

 

スクリーンショット 2014-02-14 21.59.52

 

晴れてたこともあって、親子連れの姿もちらほら。散歩日和で、とても気持ちよかったです。

 

スクリーンショット 2014-02-14 22.00.06

 

一緒に行った友人と、「サエコのキャストが、石原さとみでよかった」とアツく語りながら、歩いていきました。ドラマになると、なぜか漫画以上の破壊力を持つサエコ。それは、ひとえに石原さとみさんの再現力の高さにあるのかもしれません。歩きながらスマホで公式HPを見ていたら、こんなインタビューが。

 

スクリーンショット 2014-02-14 21.44.07 

「失恋ショコラティエ」の公式HPより)

 

――マンガが原作ということもあり、台本にもキラキラした表現が多いですよね。ト書きにも「花びらが風に舞うように消えていく紗絵子」などとあったりして…。

そうなんですよ(笑)! それは爽太くんと別れるシーンだったんですけど、思いっきり「バイバイ!」みたいな感じで髪を揺らしてみるとか、手を多めに振ってみるとか、ちょっとジャンプして階段をのぼってみるとかいろいろやりました(笑)。

 

「いろいろやりました(笑)」じゃねぇよ!!!!!!!

 興奮している間に、駅から10分ほど経ちました。目の前には、そんなしたたかなサエコさんが図々しくもケーキを依頼したカフェが見えてきました。

 

スクリーンショット 2014-02-14 22.00.18

 

おぉー! 窓の感じとかそれっぽい!!

実際のロケ地を目の前にすると、テンションがあがって、写真を撮りまくってしまいました。知らない人からすれば不審者です。さて、店内に入ってみましょう。

 

スクリーンショット 2014-02-14 22.00.30

 

中に入ると、ランチ時だったので、店内はほぼ満席。しかし、10分も立たずに席につくことが出来ました。あ、窓際の「あの席」です。あぁ、爽太はサエコにお願いされている姿が見えてくるようです。ここに来て、話すことはただ一つ。サエコとソータについてでしょう!

 

ろっくまん 原作だと、サエコさんが爽太の家に転がり込むじゃん。それって、爽太のこと利用しすぎじゃない?

友人  いや、爽太も好きな人が家にいるんだから、win-winっすよ。両者ともに得してるし、お互い利用しあってるんじゃん?

ろっくまん なるほど。でも、結婚しちゃってるし、長くは続かないよね。やっぱりラストは離婚するのかな。

友人  水城せとなの作品って、最終的には主人公が幸せになるから、わからないよ。サエコは離婚して爽太とくっついていい感じになるかも。

 

話している間も、ドラマのシーンが鮮明に浮かんでくるので、まるで知り合いのうわさ話をしているような気分になってきました。キャラたちの恋愛の雲行きは怪しく、「みんな幸せになってほしい……」と涙が出そうになりますが、ご飯はとても美味しかったです。

 

スクリーンショット 2014-02-14 22.00.42

なすとトマトのパスタ

 

このカフェの店員の方に、放送後のお客さんの変化を伺ってみました。

 

――放送されてから、変化はありましたか?

「嵐のファンの方などから、『同じ席に座りたい』とお問い合わせいただく機会は増えました。写真を撮られる方もとても多いです。内装がきれいなお店なので、『失恋ショコラティエ』以外にもよく撮影で使われていますよ」

 

この話を聞いて、「サエコさんのポジションに憧れる子もいるのかぁ」と驚きました。私は「サエコさんになりたい」というより、あのヤバい展開をより近くでヲチっていたいんですよね。現実にいるビッチやこじらせ女子、クズ男のうわさ話をしているような気分で、店をあとにしました。

 

そろそろ「ショコ・ラ・ヴィ」に行こうか

「カフェ ラ・ボエム」をでた私たちは、ドラマでも一番よく使われている「ショコ・ラ・ヴィ」に向かいました。ロケ地は公開されていないので、詳しいルートは掲載できませんが、某駅を出発して、大通りを真っすぐ進み、住宅街に入ります。10分弱で、到着しました。

 

スクリーンショット 2014-02-14 22.00.56

 

おぉ~~そのまんまだ!! ロケ地であることを知っている人や、親子連れの方々が写真を撮ったりしていました。

 

スクリーンショット 2014-02-14 22.01.06

 

この道路は、第二話の冒頭で、サエコがわざと傘を忘れて爽太に追いかけてもらおうとしたシーンで使われました。結局、その傘を届けてくれたのは薫子さんで……。

 あああ、今にも超絶がっかりした表情のサエコさんが見えてきそうです! そんなサエコを見た薫子さんのハッとした顔も、ありありと思い浮かんできました。この二人のやりとりを目の前でされたら……と想像しただけで、興奮して、友人にまくしたててしまいました。

 

ろっくまん 失恋ショコラティエの小説が出てたから読んだんだけどさ、薫子さんの話がめっちゃつらくて。薫子さん、恋愛に対して”ちゃんと”を求めてたんだよ……。

 

失恋ショコラティエ ショコラなしでは苦すぎる (フラワーコミックスルルルnovels)

 

友人  それは幸せになれないパターンじゃん(笑)。でも、薫子さんが頭使って勝負しても難しいと思うよ〜。だって32歳だよ? もうできることに制限があるもん。はっきり言って、素直に自分の状況を認識した方がいい。

 

果たして、「失恋ショコラティエ」の恋の行方はどうなるのでしょうか――来週の第六話が楽しみです!

 

聖地巡礼を振り返って

そもそも、「失恋ショコラティエ」は、ただの少女マンガとは違います。ドロドロした恋愛で、それが妙にリアルで、とにかく自分ひとりでは消化できない――私にとって、他の人に読んでもらって感想を聞きたくなった作品でした。実際に、そう思っている人も少なくないのではないでしょうか?

ドラマの時間になると、Twitterは実況ツイートばかりになるし、人の恋愛相談に乗るときも水城せとなのキャラたちがどう考えていたかを思い出したりします。この作品は、人と恋愛について語るときに、いいネタになるんです。この聖地巡礼では、実際に「失恋ショコラティエ」の感想を話してきました。ドラマの世界に近づくと、まるで知り合いをうわさするような気分になるんで――それを果たして、「聖地巡礼」と呼ぶかは分かりませんが、キャラクターを身近に感じたことは確かです。だって、めっちゃサエコさん、いそうじゃん!!!!

おしゃれカフェに入ったら、隣の席にサエコさんいる気がしませんか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加