じゃあまず、年齢を教えてくれるかな?

 

スクリーンショット 2014-03-15 11.53.44

 

 

ねとぽよで女の子ウェブが盛り上がっているところ非常に申し訳ないのですが、今回はこんなネタです。

「ネットの文化を扱うメディアであるねとぽよで淫夢を扱わないなんてがっかりだ!」と、Twitterでねとぽよをディスった矢先に編集長からお声がかかり、このような記事を書くことになったpoint2000と言うものです。2chを初めとするディープなネットに浸り始めたのが、8月危機の頃。それからすでに10年以上が経過してしまっている、インターネットこじらせマンです。昔はMADGEARの音声MADの保管サイトの一つで管理人などをしていたこともありますが、個人的には、ネットじゃまだまだ中堅どころだと思っています……はい。

 

 

ところで、皆さんは不思議に思ったことはありませんか?

なぜ社会ではマイノリティとされている同性愛者をネタにした淫夢がここまでネット上で人気なのか……。そもそも、なんでこんなにクッソ汚いホモネタがこんなにネット上で盛り上がっているんだ、と。そんな疑問を抱いている方も少なくないのではないでしょうか。

特に2013年は淫夢の年であったと言われています。ニコニコ動画でも淫夢関連の動画が一番伸びていたという話も、風の噂で聞いたことがあります。(参考)

というわけで、ここからは日本のインターネットのホモネタの大まかな歴史を簡単に振り返ってみようと思います。

ただ、自分は前述のとおり2ch以降の人間なので2ch以前の歴史について、とくにあめぞうやあやしいでの出来事の情報を殆ど持っていません。詳しいお話をご存じの方は教えてください! なんでもしますから!

 

スクリーンショット 2014-03-15 11.53.30

 

くそみそ以前(~2002年)

日本のインターネットにおけるホモネタの潮流を時系列順に極めてざっくりと分けると

 

くそみそテクニック→真夏の夜の淫夢(一章)→野獣先輩

 

という順番になります。今日は、そのホモネタにおける正史についてお話ししたいと思います。もちろんその脇には変態糞親父やMADGEAR、レスリングシリーズなどのような有名なネタも多数存在しているのですが、それらの概要は後編に回します。

ネット上でのホモネタのオリジンは、いわゆる六尺兄貴のコピペだと言われてます。

 

海老名運動公園 投稿者 カツジ さん 2001年9月25日(火) 23時52分 [P]

 

さっき、川原でやった六尺兄貴凄かったです!ガチムチの色黒兄貴がオッス連呼で

張型ケツにぶちこまれ腰振ってました。俺もくわえさせられて浣腸食らい無様に

排便さらしました。バリカン出されたときは一瞬引いたけど、兄貴の「いやなら

止めていいんだぜ!」の一言で覚悟決め、生まれて初めて丸刈りになりました。そ

の後、脇・チンゲも刈られてビンビンのマラ、思いっきりしごかれ派手にガチムチ

兄貴の顔に飛ばしました。スッゲー男らしく気持ちよかったです。また行くとき

カキコして下さい!帰ってから丸刈りの頭見て、また感じまくってます!

 

このコピペは2001年頃にあやしいわーるどで話題となったそうです。しかし、あやしいわーるどはその暖簾分け的性質からログが散逸しており、何よりもその時点ではあやしいから外へはほとんど出て行かなかったようで(後に六尺兄貴も2chに伝来しますが)、詳しいことはよくわかっていません。

ただ、あやしいわーるどの一つ、あやしいわーるど@みらいのウェブマガジンである「みらいマガジン」(2001年12月発行版)において六尺兄貴がすでに言及されており、流行していたことは間違いないと思われます。

 

「みらいマガジン vol.1 創刊号」のウェブアーカイブ

 

また、かつての2chには糞スレを建てた>>1をひたすら煽って貶すという文化が存在しており、その中には以下のようなコピペもありました。くそみそ以後のホモネタの文化との連続性は少々謎ですが、一応紹介しておきます。

 

生意気な>>1をシめてやるッ!

武蔵川親方が見守る中、制裁は行われた。

既に>>1の口には出島のサオがねじ込まれている。

「マル、コマしたれ」

親方がいうと、武蔵丸は稽古廻しの横から一物を取り出した。

ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、>>1はぶるっと震えた。

しかし、その恐怖とは裏腹に~いや、>>1にとってはその恐怖こそが

色欲を沸き立たせるものだったのかもしれないが~

>>1の花らっきょうのような小振りの一物は痛い程にそそり立っていた。

その「花らっきょう」の皮を武双山が唇でちゅるんと器用に剥く。

武双山の口中にアンモニア臭が広がる。

そして、武蔵丸の一尺竿が>>1の菊門にねじり込まれていく…

四人総体重700kgを越えるド迫力の4Pファック。

まだ、幕が開いたにすぎない。

悦楽は、ここから始まる。夜はまだ終わらない…。

 

くそみそテクニックの時代(2002年~2005年)

こうして、ネット上でホモネタが広く注目されるようになったのは2003年頃のことです。 

あやしいわーるどの系列掲示板の一つである、あやしいわーるど@暫定(暫定退避)において、2002年の2月頃から断続的に『くそみそテクニック』をはじめとする山川純一作品のアップロードがあったと言われています(それ以前からアップロードが行われていたとされる説もあります)。

現在では有名なヤマジュンの作品ですが、実は現役当時、彼の作品はその少女漫画めいた線の細さからゲイコミュニティでは受け入れられなかったそうです。当然、ネット上においても彼の作品を知る人間は、それまで多くありませんでした。

 しかし、『くそみそテクニック』のとりわけ導入部は、非常にぶっ飛んだものであり、それが話題になったことで一気に有名になっていきます。なにしろ、出会い頭からツナギのホックを外して陰茎を露出し、『やらないか』と主人公を誘うという、一般的なエロ漫画の文脈からはとても出てこないものだったのです。

 

スクリーンショット 2014-03-15 11.53.10スクリーンショット 2014-03-15 11.52.51

 

今でこそ普通に受け入れられているネタですが、当時はそのあまりにも突拍子のない超展開が、多くのネットユーザーに衝撃と笑いをもたらしました。

そして、2003年3月上旬、ついに『くそみそテクニック』はあやしいわーるどからふたば☆ちゃんねるを経由し、2ちゃんねるへ伝来しました。当初は散発的に2chの各所にスレッドが立っていたのですが、3月14日にガイドライン板にスレッドが立ちます。

 

【ムホッ!】ホモ漫画のガイドライン【いい男】

 

当時、このガイドライン板にスレが立つというのはとても重要なことで、2ch上でのそのミームの拡散が約束されることを意味していました(ちなみに、この2ch、ひいてはネットのミームの中心地がガイドライン板にある状況はニコニコが台頭するゼロ年代前半まで続きます)。

さて、この2chのヤマジュンスレによって、毎週のように新作(過去の掲載作)が発掘された結果、最終的には未単行本化原稿までが発見されることになり、ついに作品集の刊行まで決まってしまいました。

 

ウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクト  

ウホッ!!いい男たち2 ヤマジュン・未発表作品集 (fukkan.com)

 

ネット上でホモネタをネタとして受け入れる土壌はこの時期に完成したと言えるでしょう。

 

真夏の夜の淫夢(一章)の時代(2005年~2009年)

そして、ここから2005年以降の淫夢の時代に移るのですが、それには少し話を2001年まで遡る必要があります。なお、ここからの内容は、大変にぼかした書き方となるのをお許し下さい。この頃、ある有望な大学野球選手数人が、ゲイビデオに出演していたというスキャンダルが週刊誌で報道されたのでした。

そのビデオは、試合から帰宅するサッカー部員に扮する彼らがヤクザの車にぶつけてしまい、免許証を取られホモセックスを強要されるものの部員の一人が拳銃を手に入れ一転攻勢、最後にはそのヤクザを射殺するという内容です。「下北沢暴力団員殺害事件」とも呼ばれているこの物語こそが後に日本で最も有名となるゲイビデオ、『真夏の夜の淫夢』の第一章・「極道脅迫!体育部員たちの逆襲」です。

出演者の中で最も有名な人物を仮にTDNとします。彼は高校野球の時代からエースとして活躍しており、特に甲子園へは彼なしでは出場すら出来なかったであろうと言われています。そんな彼は、某球団への入団を有望視されていたのですが、怪我をしたという理由でドラフト指名を回避されてしまいました。そして、彼は野球を続けるために単身渡米してメジャーに挑戦することになります……。

渡米後、アメリカでこのビデオの件が問題になり、彼は釈明会見を開くことになります。彼は「当時は若く、お金が必要だった」「たった一度の過ち」と語り、彼はこの件に関して不問に付されました。

しかし、彼については、高校時代から彼氏がいたというネット上の書き込みもあります。また、二本目と思われる作品も発掘されており、金銭面についてもいわゆる栄養費の全盛期であったことを考えると、この釈明は限りなくクロに近いものではないか、と個人的には感じます(一度だけ収録をして二本出したという可能性も無いわけではありませんが)。これが「ホモは嘘つき」と言われる所以の一つなのですが、ひとまず真相については藪の中としておきましょう。 

ひとつだけ補足しておくと、欧米では同性愛者に対する扱いが日本以上に複雑です。特に、当時北米四大スポーツ界で自身の同性愛をカミングアウトした選手は一人も存在していませんでした。それ故に、同性愛者ではないという釈明をしなければメジャーを追放されかねないという、大変に舵取りが難しい状況があった可能性がありえるのです。

日本におけるゲイリブ運動とその反発については、今回は割愛させていただきますが、そもそも同性愛者をネタに出来る日本の文化的土壌は、忌避の理由に宗教的要因などが絡む諸外国と比べればまだマシな方と考えることもできます(もちろん、淫夢などでホモをおもちゃにする事に対して不快感を持つ同性愛者の方が存在しているのも事実です)。

さて、インターネットで彼と彼の出演したビデオが注目されるようになったのは、2005年頃の話です。当初は2chの芸能スポーツ+板で彼のメジャーでの活躍をソースとしたスレッドが立っていたのですが、この板はニュース系の板であり、彼に関するニュースが無い限りはスレを立てることができないと言う問題もあり、ガイドライン板にスレッドが立つことになります。

これが2chにおけるTDNスレのはじまりです(【アッー!】のガイドライン)。当初は一章だけをネタにするだけではネタが尽きてしまうのか、前述のヤマジュンネタや六尺兄貴、変態糞親父などのゲイコミュニティや他の掲示板から輸入したコピペネタも併せてネタにされていました。

この時期で特筆すべきことは、あくまでも一章の出演者がこのミームの主役だったことが挙げられます。

2007年、劇中でヤクザを射殺した人物が某企業に入社していて、しかもその企業の先輩社員として就活サイト上の社員ブログに登場しました(「自分を売る」という至言はここで誕生しました)。これが祭りになったためか、企業が内容を差し替えたのですが、ここで影武者として差し替えられた社員もまたゲイビデオに出演していたことが発覚。祭は危険な領域に突入しかけました。この人物にまつわるAA(亀頭DBなど)が爆発的に発生したのもこの時期です。

 

スクリーンショット 2014-03-15 11.52.14 

 

野獣先輩の時代(2009年~現在)

しかし、そんなふうに盛り上がりを見せていた淫夢スレもさすがにネタ切れの感があり、やがて住民たちはビデオに収録されていた他の作品に目を向けるようになります。ここで発掘されていたのが、4つの作品が収録された「真夏の夜の淫夢」における、棒読みの二章、空気(後に)の三章と呼ばれる二作品です。しかし、一章ほどのインパクトがないということもあり、新しくネタとして組み込まれたものの一章メインの流れが変わることはありませんでした。

そんな歴史が動いたのは、四章の発掘によってでした。そう、野獣先輩の登場です。

 

スクリーンショット 2014-03-15 11.51.59

 今日のホモネタの王道を征く彼の現在や彼がそもそも何者であるかなどという情報は殆ど存在していません。
研究者達は彼の正体を突き止めるべく日夜絶え間なく研究・出演作品の考察を行っていますが、
現在は否定されたCOAT社員説から始まり114514810893種類あると言われる様々な仮説論文(女の子説、学者説、タコ説、ぼっち説、惑星説、ホモビデオ男優説など)が学会に提出されては消える今日この頃です。

 

2008年10月、前年から大きく盛り上がりを見せていたニコニコ動画に、淫夢四章「昏睡レイプ!野獣と化した先輩」の本編動画がアップロードされます。

その内容は、水泳部の田所という男が後輩である遠野を自宅屋上での日焼けに誘い、遠野に睡眠薬入りアイスティーを飲ませて昏睡レイプをするという彼の人間の屑としての所業を克明に描いたものでした(最後は幸せなキスをして終了しますが)

今でこそ伝説的なこの四章ですが、発掘当時のスレ住民の反応は以下のようなものでした。

 

【アッー!】TDNのガイドライン212危険な領域へ突入(遂に)

 

74 :水先案名無い人:2008/10/29(水) 21:13:43 ID:kUM/Xz830

4章がupされてるのに

なんか2章ほどの盛り上がりがないんだよなぁ

 

76 :水先案名無い人:2008/10/29(水) 21:22:27 ID:2QkpLhPk0

>>74

4章は普通にキモいからじゃない?(棒読み)

「あーいいっすねー」くらいまでは笑えるがそこから先がきつい

 

彼のその迫真の演技力、妙に甲高い声、浅黒い肌、場面によって大きく変わる顔、でかすぎる枕、そしてその行為の内容があまりにも汚すぎたため、耐性のない当時の住民たちには刺激が強すぎたのです。

しかし、いつしか彼は、そのタイトルから野獣先輩と呼ばれることになります。

始めはそのあまりの汚さから受け入れられていなかった野獣先輩でしたが、時間が経つにつれ、その強烈なキャラクター性が評価されていき、淫夢スレに定着することになりました。2009年にYouTube板で淫夢スレが建った頃には、彼はすでに人気のキャラクターのひとりとして受け入れられるようになっていたほどです。

そして、2010年の、いわゆる迫真空手部(『空手部・性の裏技』)のビデオの発掘によって、野獣先輩の人気は現在まで続く不動のものとなりました。野獣先輩はホモビに出ただけで時代となった男になったのです。

さて、他作品の風評被害や過去作の発掘の頻度が激しくなったのは、この頃からです。

風評被害とは、ホモ特有の深読みやこじつけによって本来淫夢と関係のないものや人が淫夢と関連づけられてしまう現象であり、具体的には「野獣先輩に似た人物を野獣先輩として扱う」「淫夢を想起させるような内容(棒読み、タイトルに『真夏の夜の』が入るなど)の動画に突撃する」といった現象のことを言います。

ただ、突撃するという行為は荒らしのそれと変わらないわけで、淫夢厨が荒らしと同一視されることもしばしばです。最近では安易に突撃するユーザーを「ホモガキ」として忌避する動きもあります。

しかし、風評被害により新しいミームも生まれました。その最たるものがある東方Projectのボイスドラマから始まった「クッキー☆」でしょう。これはアップロード当初東方のコミュニティでは見向きもされていなかったものなのですが、「棒読み」という一点から強烈な風評被害が始まり、現在では多数の名MADを産むことにもつながりました。

 

 

また、過去作の発掘そのものは、前述のKYNの件を見ればわかるように、それ以前から行われていたのですが、よりインパクトのある、よりくさそうな作品を求め、『真夏の夜の淫夢』を発売したCOAT系列のビデオから、Acceedやサムソンビデオなど他のレーベル・メーカーのビデオへも手は伸びていき、KBTITやひで、ドラゴン田中などの名キャラクターを発掘することに成功しました。

いつしか淫夢というジャンルは、和製ゲイポルノ全体を扱うまでに成長したのです。

また、マスコットキャラクターのひとつである淫夢くん、もといスローロリスくんも「ガッツポーズ淫夢くんシリーズ」などの動画によって、もはやホモネタという範疇を超えた人気を獲得しています。

 

スクリーンショット 2014-03-15 11.51.38 

 

風評被害と発掘により淫夢というミームはその裾野を広げ、今や単なるネットのホモネタというくくりでは扱えきれないほどに巨大化しています。しかし、それ故に他のクラスタ・コミュニティとの諍いは絶えず、ホモコーストと呼ばれる大量動画削除事件なども発生するのですが、今回は(きりがないので)ここまでにしておきます。

 

前編のまとめ

ここまで一通りホモネタの歴史を振り返ってみましたが、この前編の最後に、なぜホモネタはここまでネットで盛り上がるのかを考えてみましょう。

まず、ポルノコンテンツというものの性質として、一周すればギャグになってしまうものも少なくないということが挙げられます。例えば、シャアのAVやディルドーレーシングなどネタとして消費されたものも少なくありません。しかし、ノーマルのエロである場合、どうしてもエロを意識してしまうのでネタになりづらい側面があるのです。

そのようなAVの面白い部分を、より多くの人間が性的感情抜きで見る上で、自分たちの性癖に引っかからない、性的マイノリティへ向けたポルノコンテンツへと、結果的に行き着いてしまうのではないかと思います。こうした淫夢などの楽しみ方をホモフォビアという観点で語る方もいらっしゃいますが、そこはもう少し複雑な議論が必要かなと思っています。もちろん全てが一枚岩である訳でないので全く違うと断定することもできませんが……。

また、「真夏の夜の淫夢」はいわゆる素人モノAVの系列なのですが、一章は後のプロ野球選手となる人物が稚拙な演技を行うというギャップも流行する要因であったと思っています。そのようなところに現れた、迫真の演技を行う野獣先輩の登場はまさにホモネタのパラダイムシフトでは無かっただろうか……と自分は考えています。

次回、後編ではそのほかのホモネタやMADGEARに関する個人的な思い出、ホモネタとネットサービスの盛衰の関連性について書いていく予定です(例えば、野獣先輩の流行は、ニコニコ動画の登場と切り離せません)。よろしくお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
point2000

point2000

アレなネットに浸かって人生を踏み外したことが全ての基点だった。自分の無力感。なぜこんなに無力なんだ。自問自答する日々。最終的に出会ったのがねとぽよだった。

だいたいそんな感じのインターネットこじらせマンです。

ねとぽよでボツになった記事や載せられない記事は自分のブログに書くので、よろしくお願いします…