執筆者:斉藤大地

斉藤大地

斉藤大地

ねとぽよ象徴編集長。本業では某ニコニコなところで二次元担当と名付けられました。

  十数年ぶりのバーコードバトル!   の記事を目にして懐かしさから即バーコードバトラーをポチってしまったねっとぽよくが、バーコードバトルを挑もう!と言い...

みなさんは、水城せとなという漫画家を知っているだろうか。『失恋ショコラティエ』のドラマ化のおかげで人気が上がっている。今日の第七話ではオリヴィエが超キレッキレで、Twitterでも...

「あなたとアンドロイドの物語が いま、はじまるー」――ヒミツキチラボの「リアル脱出ゲームシリーズ vol.1 忘れられた実験室からの脱出〜彼女は、涙すら知らなかった〜」に行ってきた...

スケルトンになっても人は飢える~「小説家になろう」のドライな世界にせまる~    この記事を書いたのは2013年6月だった。あれから半年が経った。相変わらず僕は、暇さえあれば「...

 これから僕が語るのは、早稲田というローカルな場所、それも「早稲田的に」「意識が高い」コミュニティから見た「老害」の十年史である。ここで言う「老害」とは、「大学生活から一線を退いて...

「寺山修司はARGをやりたかったのではないか」――ワタリウム美術館で開かれた「寺山修司展『ノック』」を見終えて、僕が真っ先に抱いた感想である。というわけで以下、少々電波気味だと怒ら...

               僕は就活生だった頃、元々はゲーム業界志望だった。その頃、いつも冒険的なことばかりやっている、とあるゲーム会社に、僕はある企画書を出した。それは、一つ...

 今回のインタビューでは、全く無名の人を取材します。彼は、小説投稿サイト「小説家になろう」で活躍している書き手ですが、「なろう」内でも別に有名人ではありません。それどころか、「なろ...

  ※ 以下の文章は、テレビ東京系列局で放送された「ポケットモンスター ジ・オリジン」のネタバレを含んでいます。    アニメが始まったとき、まず覚えたのは戸惑いだった。いき...

 2013年9月15日、ニコニコ町会議が台風で中止になる中、僕は東京都立産業貿易センターに向かっていた。お目当ては「カゲロウプロジェクト」の同人即売会だったのだが、Twitterを...

 どうも、起きて一番最初にすることは「小説家になろう(以下、なろう)」のお気に入り更新確認になっている、斉藤です。先日書いた「なろう」を紹介した記事は、愛のあまり、ツンデレな内容に...

 最近、小説家になろうが話題になっている。   小説家になろう 新文化 - 出版業界紙 - 連載 - 衝撃ネット小説のいま   『魔法科高校の劣等生』などの人気作品が出版...

 先月ねとぽよは「放課後インターネット2」というネット二次創作のイベントを開催しました。 &    読んでみると、「スタンプはないし、これはLINEなのか?ww」と...

  (リレー書評第5回:ポケモンの“父”を訪ねて ~宮昌太朗+田尻 智「田尻 智 ポケモンを創った男」 (前編) - ねとぽよ)より続く。   ゲームとし...

 ポケモンは僕らが子供のころ愛した赤・緑からこんなにも遠くへ来たのだな——先日、ポケットモンスターの最新作であるブラック&ホワイト2(以下BW2)をクリアしたときの、率直な感想がそ...