займ на карту онлайн

執筆者:笠井康平

笠井康平

笠井康平

ねとぽよでは記者と編集のお手伝いをしています。

文芸誌「新古典派フィクションズ」の主宰で、ひっそり小説も書いています。

日本文学史とウェブカルチャーに詳しくなって、この国の歴史と文化の最適な記述法を編み出したい。

考えるな、感じろ。 ――『燃えよドラゴン』(1973年) 真実は綿密に調査し、統計的に分析するものであって、感じ取るものではないのだ。 ――『運は数学にまかせなさい』(200...

 山内マリコは「この国に生きる女たち」の肖像写真を撮りつくすつもりらしい。 「この国に生きる女たち」は大きく3つの地域に暮らしている。都市と、郊外と、海外だ。彼女たちは3つの地域...

&    なかでも私がひとつ示すなら、何だろうなぁ。まずは一般論から攻めましょう。  日米両国ではこの10年に――もっと昔からそうだったとも言えますけど!――、ケータイ電話とパ...

 覚えていますか。  11月4日に、小説家のマッケンジー・ベゾスが、A    冒頭の評伝について、騒ぎが起きる3日前に、老舗新聞「NewYorkTimes」が、ジャ...

「この牛乳が大好きで、生まれたころからずっと飲んでいます。トスカナだとは知らなかったのだけど。」 ――ジェフ・ベゾス、2006年8月にA    創業からしばらくは、...

「ウェブロマンスに疲れたら読みたい日本の恋愛の約20冊」を書きました。     はじめの思いつきを書いたドキュメントの作成日は2013年3月でした。 どうして...

「形骸化したカウンター・カルチャーのオシャレな部分だけすくい取ってソフトカウンター・カルチャーなるものをライフスタイルの一部にしたがる若者が少なからず存在する」 ――菊地敬一『ヴ...

9月9日に公開したこの記事に、大きな反響をいただいています。   ケータイ小説が”世界最新の文学”に見えた頃――『あたし彼女』書評   たくさんの方から、感想と疑...

ケータイ小説は”おしゃべり”から生まれた &   プロットはごくふつうの小説だ。26歳の性生活に奔放だった女性が、恋人を亡くした男性と恋に落ちて、喧嘩したり、仲直り...

 ねとぽよ文学班の笠井です。  少し前に、こんな記事を書きました。 &    同じことが、新しいウェブカルチャーにも言えるのかもしれません。新しい産業が育つと、そ...

 ねとぽよ書店担当の笠井です。  最近、京都で恋をしています――といっても古都へ旅立っているわけではなくて、平安時代の恋愛小説を、次から次へと読み漁っています。はじめはウェブカル...

    「語り方」に目をつけて読むと、   「ご冗談でしょう、ファインマンさん」は聞き書きをまとめた断片的な個人史だ。著名な物理学者を主役とし、彼の生涯のなかでも、人の心を思...