займ на карту онлайн

考えるな、感じろ。 ――『燃えよドラゴン』(1973年) 真実は綿密に調査し、統計的に分析するものであって、感じ取るものではないのだ。 ――『運は数学にまかせなさい』(200...

 山内マリコは「この国に生きる女たち」の肖像写真を撮りつくすつもりらしい。 「この国に生きる女たち」は大きく3つの地域に暮らしている。都市と、郊外と、海外だ。彼女たちは3つの地域...

 覚えていますか。  11月4日に、小説家のマッケンジー・ベゾスが、A    冒頭の評伝について、騒ぎが起きる3日前に、老舗新聞「NewYorkTimes」が、ジャ...

女の子はジョジョが読めないだと!? 『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦、1987年、集英社)(以下ジョジョ)がそもそも女の子向けの作品ではないことは、読んだことのある人ならご存...

  2006年、2009年、2013年 ~シリコンバレーに憧れた &    少し宣伝をしてしまうと、”ねとぽよ”との出会いも大きかったです。『ねとぽよ 第2号』に...

  小説版『カゲロウデイズ』は分かりやすくて分かりづらいと毎回思います。歌詞は率直に伝わってくるのに、その奥に隠れたことが分からなくて、悪戦苦闘しながら小説を読んでいます。きっとも...

「形骸化したカウンター・カルチャーのオシャレな部分だけすくい取ってソフトカウンター・カルチャーなるものをライフスタイルの一部にしたがる若者が少なからず存在する」 ――菊地敬一『ヴ...

9月9日に公開したこの記事に、大きな反響をいただいています。   ケータイ小説が”世界最新の文学”に見えた頃――『あたし彼女』書評   たくさんの方から、感想と疑...

ケータイ小説は”おしゃべり”から生まれた &   プロットはごくふつうの小説だ。26歳の性生活に奔放だった女性が、恋人を亡くした男性と恋に落ちて、喧嘩したり、仲直り...

 初めて放課後ストライドを聴いたときの衝撃は今でも忘れられない。まるで、乙女ゲーやアニメのOPを見てるようだった。今年四月のニコニコ超パーティーⅡでも、踊ってみたで人気の愛川こずえ...

 先月25日にニールセンが発表した資料によれば、NAVERまとめは月間の訪問者数が1300万人を越え、Twitter(国内)を越えるに至った。昨今の「パンケーキブーム」を加速させた...

 史上初の平成生まれ直木賞作家・朝井リョウさんの第148回直木賞受賞作品「何者」、読みました。 いやー、ええっと、何から言おうかな、あのー、うーん、……ごめんなさい。  全然ほの...

 本屋に行くも売り切れ続出。街中をかけずり回ってやっとその一冊を手にする。絶版本や同人誌ならまだしも、新刊に関して言えば、なかなかない体験だろう。しかしぼくは今年6月、まだ新刊だっ...

「めちゃくちゃ出来が良い! だてにシリーズ累計80万部とか出ていない。絶対に読んだ方がいい!!」そんな熱烈な推薦とともに知ったのが小説『悪ノ娘』シリーズ(著者:悪ノP(    ...

  (リレー書評第5回:ポケモンの“父”を訪ねて ~宮昌太朗+田尻 智「田尻 智 ポケモンを創った男」 (前編) - ねとぽよ)より続く。   ゲームとし...

 ポケモンは僕らが子供のころ愛した赤・緑からこんなにも遠くへ来たのだな——先日、ポケットモンスターの最新作であるブラック&ホワイト2(以下BW2)をクリアしたときの、率直な感想がそ...

 井上雄彦の『SLAM DUNK』は、1990年に連載がスタートした。  この頃、ぼくはまだ4歳だったので、記憶がほとんどない。それから数年して小学校2、3年生くらいの頃から「週...

    「語り方」に目をつけて読むと、   「ご冗談でしょう、ファインマンさん」は聞き書きをまとめた断片的な個人史だ。著名な物理学者を主役とし、彼の生涯のなかでも、人の心を思...

要約 &    ジャレド・ダイアモンドは、長年に渡って、ニューギニアでフィールドワークを行っており、「ヤリ」という名の現地人から質問をされる。 「あなたが...

   その支柱となったブライアン・アーサー『収益逓増と経路依存―複雑系の経済学』は、文字通り複雑系科学をベースにしている。池田純一『ウェブ×ソーシャル×アメリカ』に...