最新記事

前回のお話→第二幕(九)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       ずっと見あげていたい空だった。   風が雲を押し流し、どこまで開けた真っ青な晴天だ。...

前回の話→第二幕(八)を読む。 妖式コンゲームとは何か。     そういえば、こんな唄を聞いたっけ。   キツネのおなごも寂しかろ。 町娘とおんなじ黒髪得ようとも ...

前回の話→第二幕(七)を読む。 妖式コンゲームとは何か?     清澄にも、自力では解決できなかった事件があった。らしい。   《落ち葉なし椎の木事件》だ。 木々の紅...

前回の話→第二幕(六)を読む 妖式コンゲームとは何か。       四ツ時(夜十時)になると外を歩く者はほとんどいなかった。 月の綺麗な晩、若者が鷹狩から帰る途中に提灯...

前回のお話→第二幕(五)を読む。 妖式コンゲームとは?     俺にも、、、? 蔵の中で膝を抱えた。   俺にもできるなんでもできるこれからできるようになる...

前回の話→第二幕(四)を読む。 妖式コンゲームとは何か?     その日の夕焼けは、霜焼けみたいに冷たかった。 そのくせ赤々燃えていた。       松の木も石の...

    前回の話→第二幕(三)を読む。   妖式コンゲームとは何か?       或る晩、どこからともなくお囃子が聞こえてきた。 夜が更けても音は止まない。 布団...

  前回の話→第二幕(二)を読む。   妖式コンゲームとは何か?       夜風の冷たい夏の河辺に ふらり現れる蕎麦の屋台。 行燈には、二八、の字。 ...

  前回の話→第二幕(一)を読む。   妖式コンゲームとは何か?     ならず者が、町娘に恋をした。   しかし彼女は男をまったく相手にしなかった。 嘆...

  (これまでの内容を読む→目次 ※ 更新順に並ぶのでブックマークをおすすめします)  妖式コンゲームとは何か?     ずっと、みんなわざと意地悪してるんだと思ってた。...