最新記事

ケータイ小説は”おしゃべり”から生まれた &   プロットはごくふつうの小説だ。26歳の性生活に奔放だった女性が、恋人を亡くした男性と恋に落ちて、喧嘩したり、仲直り...

早速ですが皆さん   2020年東京五輪開催決定おめでとうございます!   朝起きてTwitterで五輪開催決定を知った人も多かったのではないでしょ...

 初めて放課後ストライドを聴いたときの衝撃は今でも忘れられない。まるで、乙女ゲーやアニメのOPを見てるようだった。今年四月のニコニコ超パーティーⅡでも、踊ってみたで人気の愛川こずえ...

今年の初めごろから、私のTwitterタイムラインでは「人狼」という言葉をよく見かけるようになりました。みなさんの中にも、人狼をしたことある人も多いのではないでしょうか。公式ニコ生...

 どうも、起きて一番最初にすることは「小説家になろう(以下、なろう)」のお気に入り更新確認になっている、斉藤です。先日書いた「なろう」を紹介した記事は、愛のあまり、ツンデレな内容に...

※ この原稿は、4月29日のニコニコ超文フリで販売された「ねとぽよ(SP2) ニコニコ特集号」に掲載されたものです。現在では古くなっている記述がありますので、ご注意ください。 ...

前回の話を読む→清澄回(七)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       青い指の琵琶法師が弦を鳴らした。 「まあ、少し聞いてくださいよ...

前回のお話→清澄回(六)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       畳の落ちた血は、網目状に広がり藺草に染み込んだ。 足の裏が痛む。 ...

前回の話を読む→清澄回(五) 妖式コンゲームとは何か。     みたらし団子をほおばりながら、帳面を眺めた。 今日一日で得た情報の見直した。 午前中...

前回の話→清澄回(四)を読む 妖式コンゲームとは何か         腰まであるまっすぐな髪は金、 瞳は冷たい月の色、 眉間...