займ на карту онлайн

 8月中、ねとぽよでは、31日連続で小説を更新するという謎の企画が行われていました。それが、以下に紹介されているオリジナル連載小説作品「妖式コンゲーム」です。   Web連載小...

前回の話を読む→清澄回(七)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       青い指の琵琶法師が弦を鳴らした。 「まあ、少し聞いてくださいよ...

前回のお話→清澄回(六)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       畳の落ちた血は、網目状に広がり藺草に染み込んだ。 足の裏が痛む。 ...

前回の話を読む→清澄回(五) 妖式コンゲームとは何か。     みたらし団子をほおばりながら、帳面を眺めた。 今日一日で得た情報の見直した。 午前中...

前回の話→清澄回(四)を読む 妖式コンゲームとは何か         腰まであるまっすぐな髪は金、 瞳は冷たい月の色、 眉間...

前回のお話→清澄回(三)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       ちぎった葉の露が目に飛んだ。 僕は瞼をこすりながら一心不乱に山菜を...

前回の話を読む→清澄回(二) 妖式コンゲームとは何か       黒い髪は、音もなく湖へとけこんでいく。 水底にてまねきでもされているかの...

前回の話を読む→清澄回(一)を読む 妖式コンゲームとは何か         ぼくを将軍の息子だ、と信じきっていその男は、心配しましたよ、とかがんで 目線の高さをあわせ...

妖式コンゲームとは何か。         遺言なんざ遺したくない。 これだけ渡せれば十分だ。 鞠貢の手に殺生石を託してから、瞼を閉じた。   「清澄」 ...

前回の話を読む→第二幕(十一) 妖式コンゲームとは何か。         旦那の姿を見つけたはいいものの、 彼はとても歩み寄っ...

前回の話→第二幕(十)を読む。 妖式コンゲームとは何か?       一つだけ、心残りがある。 俺は読み終えた巻物を片づけながら、座布団を見下ろした。 いつも清澄はこ...

前回のお話→第二幕(九)を読む。 妖式コンゲームとは何か。       ずっと見あげていたい空だった。   風が雲を押し流し、どこまで開けた真っ青な晴天だ。...

前回の話→第二幕(八)を読む。 妖式コンゲームとは何か。     そういえば、こんな唄を聞いたっけ。   キツネのおなごも寂しかろ。 町娘とおんなじ黒髪得ようとも ...

前回の話→第二幕(七)を読む。 妖式コンゲームとは何か?     清澄にも、自力では解決できなかった事件があった。らしい。   《落ち葉なし椎の木事件》だ。 木々の紅...

前回の話→第二幕(六)を読む 妖式コンゲームとは何か。       四ツ時(夜十時)になると外を歩く者はほとんどいなかった。 月の綺麗な晩、若者が鷹狩から帰る途中に提灯...

前回のお話→第二幕(五)を読む。 妖式コンゲームとは?     俺にも、、、? 蔵の中で膝を抱えた。   俺にもできるなんでもできるこれからできるようになる...

前回の話→第二幕(四)を読む。 妖式コンゲームとは何か?     その日の夕焼けは、霜焼けみたいに冷たかった。 そのくせ赤々燃えていた。       松の木も石の...

    前回の話→第二幕(三)を読む。   妖式コンゲームとは何か?       或る晩、どこからともなくお囃子が聞こえてきた。 夜が更けても音は止まない。 布団...

  前回の話→第二幕(二)を読む。   妖式コンゲームとは何か?       夜風の冷たい夏の河辺に ふらり現れる蕎麦の屋台。 行燈には、二八、の字。 ...

  前回の話→第二幕(一)を読む。   妖式コンゲームとは何か?     ならず者が、町娘に恋をした。   しかし彼女は男をまったく相手にしなかった。 嘆...

  (これまでの内容を読む→目次 ※ 更新順に並ぶのでブックマークをおすすめします)  妖式コンゲームとは何か?     ずっと、みんなわざと意地悪してるんだと思ってた。...

  前回の話→第一幕(十)を読む。     カバンからでてきたキツネの石像が決め手になった。 どれも放火された寺社に奉納されていたものだったから。   犯行...

  前回の話→第一幕(九)を読む。 (これまでの内容を読む→目次)     ほらきたよ。 寺の向こう側から聞こえる足音。 こてん、こてん...

    前回の話→第一幕(八)を読む。 (これまでの内容を読む→目次)       わたしはどこからきたのか、 わたしは何者なのか、 わたしはどこへいくのか、 ...

前回の内容→第一幕(七)を読む (これまでの内容を読む→目次)         ほらきたよ。   寺の向こう側から聞こえる足音。 こてん、こてん、と慎重なリズム。...

  前回の話→第一幕(六)を読む。 (これまでの内容を読む→目次)       好きだったマンガは黒子のバスケ。 今熱いのは進撃の巨人。 よく見る映画は主にミュージ...

  前回の内容→第一幕(五)を読む。     「早速、指名手配されてますよ。 男装がバレないといいですけどね」   コースケは目の下にクマをこしらえ、疲れた...

前回の内容→第一幕(四)を読む     路地で一人になると、タバコが吸いたくなった。 ピアニッシモの一ミリ。   吸ったことないけど。 非喫煙者だけど。 肌に悪いら...

   前回の内容→第一幕(三)を読む。     疑われないのも怖い。(こんなにあやしいあたしを) でも、疑われるのはもっと怖い。(あやしいと自覚しててもね)   「放...

   前回の内容→第一幕(二)を読む       巨漢なおにーさんと鉢合わせしてしまった。     人通りの少ない道を選んで歩いてたのに!!   ダチョウが、し...

 前回の内容 → 第一幕(一)を読む         日本史で一番得意なのは縄文・弥生時代だった。 遺跡の場所とかマジで完璧。 だって、新学期が始まる四月頃は、一番真...

  これは夢? 現実を疑うのって、どっかが痛い。 幸せすぎてまるで夢みたい! って興奮よりも、 これ夢であってほしい、って願うことの方が多いからかも。   だか...